dovecot virtual プラグインの設定

公開日 2016-09-30

最終更新日 2016-09-30

はじめに

・dovecot virtualプラグインはJoruri Mail v2.1以降で対応しています。

 

1 virtualプラグイン有効化

dovecotのマニュアルを参照し、virtualプラグインを有効にしてください。

prefixおよびseparatorはドット(.)を想定しています。

---
prefix = virtual.
separator = .
location = virtual:~/Maildir/virtual
---

 

2 postloginスクリプト設定

dovecotのマニュアルを参照し、必要なメールボックスが自動作成されるようpostloginスクリプトを設定してください。

以下は初回ログイン時にホームディレクトリ直下にMaildirを作成するスクリプト例です。
実環境に合わせて適宜変更ください。

・postlogin設定例

---
service postlogin {
  executable = script-login -d /etc/dovecot/bin/postlogin.sh
}
---

 

・postloginスクリプト例

# vi /etc/dovecot/bin/postlogin.sh
---
#!/bin/sh
MAILDIR=$HOME/Maildir
TEMPLATE=/etc/dovecot/template
if [ ! -d $MAILDIR ]; then
  cp -r $TEMPLATE/ $MAILDIR/
fi
exec "$@"
---

 

・Maildirテンプレート例

# mkdir -p /etc/dovecot/template/Maildir/.Archives/
# mkdir -p /etc/dovecot/template/Maildir/.Drafts/
# mkdir -p /etc/dovecot/template/Maildir/.Sent/
# mkdir -p /etc/dovecot/template/Maildir/.Junk/
# mkdir -p /etc/dovecot/template/Maildir/.Trash/
# mkdir -p /etc/dovecot/template/Maildir/virtual/Flagged/dovecot-virtual

 

・dovecot-virtual設定例

---
*
-Drafts
-Drafts/*
-Sent
-Sent/*
-Junk
-Junk/*
-Trash
-Trash/*
  flagged
---