Joruri CMS Ver.2 64bitへの対応

公開日 2015-05-10

最終更新日 2015-05-10

サーバのリソースも確保しやすくなり、メモリの確保もしやすくなっていますが、
i386ではカーネルに手を入れないと4GB以上のメモリを使用できません。

そのためx64を使用したいのですが、インストールマニュアルではi386を前提となっているのでエラーとなります。
x86でインストールする為にはhts_engine API と Open JTalk のインストール手順を一部変更する必要があります。

ライブラリの更新

    # yum update
    # yum -y install glibc-devel.i686 libstdc++-devel.i686


hts_engine API

    # cd /usr/local/src
    # tar xvzf hts_engine_API-1.07.tar.gz && cd ./hts_engine_API-1.07
    # ./configure CFLAGS="-m32" && make && make install


Open JTalk

    # cd /usr/local/src
    # tar xvzf open_jtalk-1.06.tar.gz && cd open_jtalk-1.06
    # sed -i "s/#define MAXBUFLEN 1024/#define MAXBUFLEN 10240/" bin/open_jtalk.c
    # ./configure --with-charset=UTF-8 CPPFLAGS="-m32" LDFLAGS="-m32" && make && make install


動作確認

    $ vi input.txt
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    64ビットOSで音声が作成できました。(改行を含めない)
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


    $ /usr/local/bin/open_jtalk \
        -m /var/share/joruri/config/voices/mei_normal/mei_normal.htsvoice \
        -x /usr/local/share/open_jtalk/dic \
        -s 48000 -p 200 -u 0.5 -jm 0.5 -jf 0.5 -ow output.wav input.txt


以上になります。